fringe style

fringe style?

海外のフェスティバルでは一般的な、スロット(時間枠)で会場を使用するスタイルです。
会場を複数のアーティストやカンパニーと共有することで、利用料金を抑えられるだけでなく創造性を高め、他ジャンルとの共存など作品を発表するアーティストやクリエイターにとっても新たな出会いと発見の場になることでしょう。演劇、ダンス、音楽、伝統芸能、マジック、人形劇、パントマイム、キャバレー、上映会などあらゆるジャンルでご利用可能です。
また、若葉町ウォーフは館内に宿泊施設を備えており、地方や海外のアーティストにも気軽にご利用いただけます。新たな作品のプレゼンテーションやツアー公演の場としてもご利用ください。

【期間】

① 2022年10⽉26⽇(⽔)〜30⽇(⽇)
② 2022年11⽉9⽇(⽔)〜13⽇(⽇)

※今回「fringe スタイル」として貸し出す期間は上記となりますので、ご利用希望の方は①か②の期間をお選びください。

【使用時間】

使用時間
料金(税抜)
A
10:00 - 13:00
90,000円
B
13:00 - 16:00
90,000円
C
16:00 - 19:00
90,000円
D
19:00 - 22:00
90,000円

※3時間の枠を5⽇間通し(水〜日)利⽤での貸し出しとなります。

※料金は5日間(水〜日)通しての金額(税抜)です。

【上記使⽤料⾦に含まれるもの】

劇場・スタジオ、付帯設備使⽤料⾦
・ 1F劇場基本舞台(下記図⾯)の使⽤料(仕様変更不可)
・ 基本照明設備、⾳響設備使⽤料(詳細はお問合せ頂き設備図⾯にてご確認ください)
・ 楽屋(2Fスタジオ)の共有使⽤(使⽤団体により区分けしますが、鏡前は共有)

【劇場について】

・客席数は最⼤44席です。
・ご⾃分の使⽤枠以外の劇場内(1F)の使⽤は出来ません。
・⽔曜〜⽇曜以外の変更は出来ません。(使⽤⽇数が短くなっても料⾦は変わりません)
・使⽤時間は上演時間ではありません。(舞台撤収時間は厳守でお願いします)
・使⽤時間には仕込み、客⼊れ、客出し、撤収の時間も含まれます。
・セットや⼩道具など使⽤時間内で完全撤収できる範囲でのご使⽤をお願いします。
・⾳響、照明オペレーター、受付業務、場内スタッフは使⽤者および使⽤団体の⽅で⼿配 してください。
・他団体の上演中も楽屋(2Fスタジオ)の使⽤、出⼊りは⾃由ですが、くれぐれも他の団体の上演の妨げにならないようにお願いいたします。
・前の団体の上演が終わり、舞台上が撤収しても劇場スタッフより呼び出しがあるまで楽屋にてお待ちください。無断での劇場の使⽤はおやめください。

【楽屋(2Fスタジオ)に関して】

・楽屋(2Fスタジオ)は使⽤する他団体との共有となります。
・楽屋の使⽤は、使⽤時間内に定めるものではありませんが、他団体の使⽤時間は最⼤限の配慮をお願いします。
・⼩道具などは楽屋内の指定された箇所(使⽤団体で区分け)にて⾃⼰責任にて保管ください。
・更⾐室、鏡前など(団体に割り当てられたスペース以外)は共有となります。
・楽屋には劇場内の様⼦がわかるモニターを設置してあります。
・楽屋内は飲⾷は⾃由ですがゴミは全てお持ち帰りください。
・貴重品の管理はご⾃⾝でお願い申し上げます。若葉町ウォーフでは⼀切の責任を負いかねます。

【その他】

・3Fにある宿泊をご利⽤の⽅は別途お問い合わせください。
・上記以外の不明点、ご質問が御座いましたらお問い合わせください。



    A 10:00 - 13:00B 13:00 - 16:00C 16:00 - 19:00D 19:00 - 22:00

    Scroll to Top