奥様女中

<期日>

2019年10月30日〜2019年11月3日

18世紀初頭イタリアのマルケ州イェージに生まれナポリでオペラ作曲家の修行を積んだG.B.ペルゴレージ(1710〜1736)は非常に短命な生涯を送りましたが、歴史上重要な作曲家といわれています。特に今回上演いたします喜劇的なオペラ『奥様女中』と宗教曲の『スターバト・マーテル』はすぐれた作品として、今日でも聴くことのできる数少ないナポリ派の音楽となっています。17世紀中ごろイタリアの各都市で生まれたこの喜劇的なオペラは18世紀のナポリで大きく花開きました。喜劇的なオペラは観客と同時代の人物が登場し面白おかしく恋の物語を繰り広げる、親しみのある作品として、人々に受け入れられました。特に低音域のバス歌手が物語の中で重要な役を担っています。初老のウベルト(バス)と女中役の娘セルピーナ(ソプラノ)の二人による恋の駆け引きのドラマが、この『奥様女中』の物語となっております。どうぞご期待下さい。


【第一部】
ナポリ派の音楽紹介
  ミニコンサート

【第二部】
G.B.ペルゴレージ作曲『奥様女中』
    原語上演 日本語字幕付き

【キャスト】
セルピーナ    森 裕美子
ウベルト    大沢 恒夫
ヴェスポーネ  浅山 裕志

ピアノ     小森 美穂

【公演日程】
①10月30日
19:00〜

②10月31日
19:00〜

③11月1日
14:00〜

④11月2日
14:00〜

⑤11月3日
14:00〜

*開場は開演の1時間前です。

【チケット・お問い合わせ】
ナオキーヴィオ・ムジカーレ
tel 046-856-4845
mail musica@naochivio.com

劇場プログラム一覧へ戻る